イベントイベント
イベントEvent

GRANVISTA Candle Night
〜グランビスタ ホテル&リゾート 共有価値創造活動「Shaping the Global Future」〜

共有価値創造活動「Shaping the Global Future」

グランビスタ ホテル&リゾートは、2014年より「クールアース・デー」の主旨に共感し、
「GRANVISTA Candle Night (グランビスタ キャンドルナイト)」を開催しております。

昨年は和蝋燭と地域の伝統文化を取り入れたキャンドルナイトのイベントを開催することで、地球環境保全への啓蒙・啓発の場として取り組みました。
本年は、環境に優しい和蝋燭に関する動画を配信いたします。

石油系物質を原料とせず、自然素材によって造られている環境に優しい日本伝統の和蠟燭。
やさしい灯りの中、自分のために、家族のために、地域のために、そして未来の地球のために何ができるかを考えるスローな時間を過ごしてはいかがでしょうか。

■ 和蝋燭の炎のゆらめき

■ 和蝋燭のお話 〜和蝋燭の特徴〜
(ゲストスピーカー:和蝋燭 中村ローソク 4代目 田川広一氏)

■ 和蝋燭と和菓子のおはなし 〜和蝋燭の灯りと和菓子〜
(ゲストスピーカー:和菓子 伏見駿河屋 11代目 山本高宏氏)

■ ゲストスピーカー

和蝋燭 中村ローソク 4代目 田川広一氏
有限会社中村ローソク4代目。京都西洞院(きょうとにしのとういん)で和蝋燭屋を始め、その地で7代、明治十年中村商店として、堀川三条で3代、平成19年9月より京都伏見に移り現代に至る。
京都市との合同プロジェクトである「京都“悠久の灯(あかり)”プロジェクト」の発起人の一人として、和蝋燭の原料である櫨(はぜ)の栽培をスタートさせ、京都の社寺などで使われている和蝋燭の地産地消を目指し活動を続けている。
和菓子 伏見駿河屋 11代目 山本高宏氏
1970年、京都市生まれ。東山五条と北白川にある「菓子司 山もと」の2代目、創業約240年の伏見区の「伏見駿河屋」の11代目も兼ね、池坊短大・製菓クリエイトコース非常勤講師をはじめ、和菓子教室の講師なども務める。京菓子組合主催デザインコンテストで2度優勝経験を持つ。
鉄道ファンでもあり、伏見は明治に日本初の路面電車となった後の京都市電・伏見(現在は廃線)の終着駅が敷地内にあったことから、商品開発に活かし、店内には市電の写真を飾るなど、伏見の魅力の発信にも尽力している。

【クールアース・デ-】

2008年の洞爺湖サミットが7月7日の七夕の日に開催されたことをきっかけに、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における消灯による電力消費量の抑制と地球温暖化問題の啓発・取り組みを推進する日として設定されました。

【Shaping the Global Future】

誰もが持つ課題には「つながり」があり、視点を変える(広げる)と、それらの課題は様々な社会問題ともつながっています。さらに、「多様な文化の伝承と創造」と「自然との積極的な共生」という2つのテーマに対し、地域の価値を軸として、持続可能性を追求します。これが私たちグランビスタの取り組む共有価値創造活動、「Shaping the Global Future」です。

イベント一覧

ホテルインターゲート京都四条新町のイベント一覧

ホテルインターゲート京都四条新町のイベント一覧

instagramtwitterfacebook

トラベラーズボード京都

KYOTO18.17℃ / 64.71°F